誰でも一度は聞いたことのあるニコレット、もう試しましたか?禁煙は非常に辛いものになりえます。だからこそニコレットを使い、まずは本数から減らしていくことに挑戦しましょう。強い意志も大事ですが、少しずつ禁煙するというリラックスした気持ちも大事です。

禁煙表示

近年になって近縁に力を入れる風潮が強くなってきました。
病院では禁煙外来が開かれるようになり、禁煙を希望する人にとっては非常に心強い助けになります。
この様な枠組みで社会を挙げて近縁治療を推進する雰囲気になってきたのは大変に喜ばしいことであると言えるでしょう。
そんな近年治療の際に役立つ禁煙補助の道具としてニコレット等を代表とするニコチンガムや、ニコチンパッチと呼ばれるものが活用されています。
これらはいずれも体にニコチンを取り込むための役割を果たします。
これまでは喫煙でしか体に取り込むことの出来なかったニコチンをタバコ以外で緩やかにとりこむことにより、喫煙習慣を無くして行くことを目的としているものです。
ではこのニコレット等のニコチンガムとニコチンパッチはどちらが優れているのでしょうか。
結論から言ってしまえばどちらにもメリットとデメリットがありますのでケースバイケースです。
ニコチンガムは唾液にニコチンが混ざってしまうため、それを飲み込むとのどや胃を痛めてしまうリスクがあります。
しかし口を塞いでくれるためタバコをくわえるのを抑制する効果があるでしょう。
ニコチンパッチは人体への害を最小に抑えることは出来るものの、依存が強い人の場合には口寂しくなってしまいついつい無意識にタバコを求めてしまう傾向は捨てきれません。
この様な特徴があるため、どちらがい違いに良いとは言えないのです。
その様な特徴を持っているのがニコレット等のニコチンガムとニコチンパッチの状況であると言えるでしょう。
禁煙治療を行う場合は医師と相談したうえで自分に相応しい方法を選ぶことになります。
しかしいずれの場合も禁煙グッズ以上に断固として止めると言う強い意志が必要なのです。